考えるテーマがある時はラン+読書がオススメ

考えるテーマがある時はラン+読書がオススメ

こんにちは!

ランニング・モチベーターのしゅんじです。

ランニングを趣味にしている方ならよく分かって頂けると思うのですが、思考の整理をする時に走るというのは有効な手段になります。

やった事がない人には分からないかも知れません。

走って苦しい時に何かを考えるなんて無理!と思う人もいるかも知れません。

まぁ、苦しいような状況で走っていると、流石に自分も考え事をすることはないのは確かですが。

考え事をする時は、気持ちのいいペースで走るのが前提です。

その状態で、特に一生懸命考えるのではなく、何となく頭の中に漂わせたような考えない状態(伝えるのが難しいですが、考えるというより気にしているような感覚?)で、普通に走るだけです。

走っていると、ある時ふと良い考えが浮上したり、何かが突然閃いたりするのです。

この辺り、文章で伝えるのは自分の文章力の問題もあり難しいですね…

よく悩んだ状態で眠りにつくと、夢の中で解決策が提示される事があるなんて話がありますが、あれの変形版でしょうかね。

自分の場合、ホントに考えないといけないテーマがあると意識して走るようにしています。

考えるためだけではないですが、45分しか寝る時間がない日に90分走っていた事もあります。(笑)

それくらい走っている間に考えがまとまる事に期待しているのです。

最近、それにプラスアルファを見つけました。

考えるテーマに対する別のアプローチとして、該当するテーマの本を読んで学ぶという方もいると思います。

これはこれで正しいアプローチだと思います。

さて、ここまで紹介した走るというアプローチと本を読んで学ぶというアプローチ、一見全く関係なさそう方法ですが、親和性が高い事にお気づきでしょうか?

そう、自分がオススメするのはラン+読書を活用する事です。

考えるテーマを頭に漂わせ、当該テーマの本をKindleで聴きながら走る、という方法です。

これは非常に強力です。

本を聴いていてキーワードやエピソードが刺さったりすると、そこから自分の思考に刺激が入って、アイデアが湧いたり、答えを見出せたりするのです。

これは普通に座って本を読んでいるより、脳が活性化されているのか効果が非常に高いと感じています。

もし、考えないといけないテーマがある方は、ぜひ試してみて下さい!


今日のポイント!

思考の整理にはラン+読書が強力!


【今日の実績】
ラン:15.02Km  累積標高差:93m

明日も楽しく走りましょう!

気づきカテゴリの最新記事