ゆるゆる糖質制限の威力!

ゆるゆる糖質制限の威力!

こんにちは!

ランニング・モチベーターのしゅんじです。

ゴールデンウィーク中の読書がきっかけで、5月に入ってから糖質制限を意識した食事をしています。

糖質制限の目的は、ダイエット!ではなく、脂質エネルギーを効率的に燃焼できる身体づくりをするために、糖の摂取を少なくして体質改善を図ることです。

一応、アスリートっぽい目的です。

最近では、「ファットアダプテーション」という言葉で注目されつつあるようですね。

さて、その糖質制限ですが、自分の場合はホントにゆる~くやっているのでゆるゆる糖質制限と言えるレベルです。(制限と言えるかどうか微妙かも…)

その内容とは、昼食のご飯を抜く。(もしくは、一日一食の主食を抜く。)

これだけ。

いつも平日の昼食は会社の食堂で定食を頂くのですが、その際にご飯を除きます。

その代わりにサラダの追加や、単品の天ぷらやフライものを追加しています。

ご飯を抜くだけなので、フライはバンバン食べてますし、付け合わせにパスタがちょっと乗っていても気にせず食べています。

ホントゆるゆるで済みません…

最初はご飯を食べないと夕食まで持たないのではないかと思っていましたが、意外とこれが腹もちいい。

むしろ、今まで定時後の空腹を満たすために食べていた柿の種を一切食べなくなりました。

もちろん、帰りの通勤ランも変わらずやっていますが、ハンガーノック的な症状にもなりません。

思っていた以上に、このゆるゆる糖質制限効くのかな?と思っていました。

そして、先日会社の仲間と話していて、ふと、このご飯抜きの話題をした時に思い至りました。

5月の頭に比べて、体重が1Kgくらい減っています。

もちろん体重は日々変わっていますので平均的な重さということです。

もともと、自分は身長170cmの体重60Kg程度でしたので、太っている方ではないと思います。

そんな自分でも、ゆるゆる糖質制限で、ここ1週間の体重は58~59Kgになりました!

また、タニタの体脂肪計の評価でずっとセミアスリートだったのが、プロアスリートに昇格?しました。

自分でも結構びっくりの効果です!

体重が気になる方なら、もっと効果があるかもしれません。

ぜひ、お試しください!

なお、自分の本来の目的であるアスリートとしての脂肪燃焼能力の確認は、おそらく9月の国体か山田昇メモリアルカップでしか確認できないと思います。

特に、140Kmの山田昇カップでグイグイ行ける自分を夢見て、続けて行きます!


今日のポイント!

ゆるゆるでも糖質制限は効果あり!


【今日の実績】
ラン+トレッドミル:7.23Km  累積標高差:519m

明日も楽しく走りましょう!

食事カテゴリの最新記事