昼食抜きで帰宅ランをしてみた

昼食抜きで帰宅ランをしてみた

こんにちは!

ランニング・モチベーターのしゅんじです。

昨日の記事でお伝えしたように食事法について研究中でして、今は昼食抜きの一日二食生活にトライしてみようとしています。

まずは、昨日さっそく昼休みも黙々と仕事をすることにして、昼食を抜いてみました。

それ自体は特に大きな問題なく、夜になる前に空腹感は感じたものの空腹で仕事が手につかないとかそんな事もなく、思った以上に普段通り過ごせました。

問題は仕事後です。

帰宅ランをするつもりだったので、昼食を抜いた空腹の状態から深夜まで3時間近くも走らないといけません。

場合によっては、ハンガーノックに見舞われ動けなくなるリスクもあります。

まぁ、幸いそうなっても首都圏はコンビニが一杯あるのでどうにかなるとは思いますが。

果たして、空腹の状態から走り始めました。

最近の調子の良さから比べると、やや身体が重くも感じられましたが、最初はまずまずのペースで進めます。

しばらく走って身体が馴染んでくると、昨日ほどでは無いものの、良いペースになりました。

思っていたよりいい感じ。

しかし、トラブルは後半に待ち構えていました。

全行程27Kmのうち、残り10Kmあたりのところで、空腹感から身体に力が入らず徐々にペースが落ちてきました。

大崩れになると精神的にやられそうだったので、何とか踏ん張りながら進みます。

それでも上り坂では力が入らず完全にペースが落ちてしまいました。

それでも粘って残り5Km。

ここで完全にエネルギーが切れて、平地でも明らかなペースダウン。

もう、何も考えず我慢しながら進むしかない感じ。

強烈な空腹感で身体は動かなくなってきましたが、手足の痺れなどは感じず、何とか最後までいける感じ。

最後、寮の最寄りのコンビニで弁当を買って、残り1.5Km。(寮の近所には極端にコンビニが無いんですよね…)

ホントに歩きのペースに毛が生えた程度でゆるゆる進み、ようやく寮までたどり着いたのでした。

それでもタイムは2時間51分だったのでそこまで悪くはないですね。

さて、問題はこれからどうするか。

毎日へろへろになりながら帰宅ランする訳にもいかないので。

気持ちとしては、27Kmの帰宅ランに慣れて最初から30分近く速くなったように、空腹感にも慣れて、最後まで保つようにならないかな、という感じです。

という事で、自分の身体の進化に期待しつつ、また昼食抜きの帰宅ランに挑みます!


今日のポイント!

まずはリスクを取れる範囲から試してみる。


【今日の実績】
ラン:27.19Km 累積標高差:209m

明日も楽しく走りましょう!

トレーニングカテゴリの最新記事