進化することとは怪我のリスクを高めることか?

進化することとは怪我のリスクを高めることか?

こんにちは!

ランニング・モチベーターのしゅんじです。

先週の日曜日にトレイルを走っていました。

よく利用する往復約50Kmの日立アルプス縦走コースです。

最初走った時(その時とは折り返しポイントを変えて距離はやや延びていますが)は確か9時間くらい掛かっていたような気がします。

そして、先日走った時は調子良く走れ、7時間13分と自己ベストタイムを更新!

自らの進化を感じたのでした。

しかし、そこには落とし穴も…

40Kmくらい走った復路の下り基調の部分を気持ちよく走っていました。

まぁ、昔だったら下りでそんなにスピード出せないし、ましてや疲労が溜まった状態なので、なおさらの区間です。

それが疲労感も少なく、足も残っており、スピードが出せることを感じ、気持ちいいくらいのスピードが出せる事実を喜びながら走っていました。

そんな時、路面からちょっとはみ出した石に左足を引っ掛けてしまいました。

完全にバランスを失い、また運悪く、そのトレイルはかなり狭く、かつ左側は下っている斜面です。

右膝を付き、左足を付いた先のトレイルのエッジが崩れ、気がつくと左側に身体が1回転半…

斜面を転がり落ちていました。

小さな雑木で勢いが止まり、それを捕まえて何とか止まりました。

今までこけたことは何度もありましたが、トレイルを外して落ちたのは初めての出来事で、びっくりして一瞬動けなくなってしまいました…

幸いその時はズルズル滑りながらも雑木を支えにトレイルに復帰して再び走って帰ることができました。

が、話はこれで終わりではありません。

日曜日は擦り傷はあったものの、表面上、打ち身など見当たりませんでしたし、痛みもなくその後も普通に走って帰れました。

月曜日も普通に走れましたが、火曜日くらいから違和感が。

深い呼吸をすると左の胸あたりが痛む。

クシャミをすると痛い!

水曜日になると、ちょっとした咳払いでも痛むように!

流石に心配になってググったところ、肋骨が損傷している心配があるよう。(意外と簡単に肋骨は折れたり、ひびが入ったりするとのこと。)

痛みがある部分に熱は持っていないようなので、骨折はしていないと思うのですが、それでもひびの可能性はあります。

馴染みの整形外科を受診しようとしましたが水曜日は休診だったので、昨日レントゲンを撮って診て頂きました。

幸い骨に異常はなく打撲という診断結果でした。

ただ、表面上何もなく、数日経ってから痛みが出るという状況があるということを初めて知りました。

以前のスピードだったらここまで大ごとにならなかったのに…と思い、進化することは怪我のリスクが高まることだと理解しました。

もっと進化して、足を引っ掛けてもこけないバランスを身につけなといけませんね。

精進します。


今日のポイント!

スピードを出せるようになると今まで以上に怪我を気を付ける!


【昨日の実績】
ラン:11.77Km  累積標高差:27m

今日も楽しく走りましょう!

トレーニングカテゴリの最新記事