ついに勝田全国マラソンでサブ3.15を達成!適切なペース配分が大事

ついに勝田全国マラソンでサブ3.15を達成!適切なペース配分が大事

こんにちは!

ランニング・モチベーターのしゅんじです。

今日は基本的に年に一度しか走らないフルマラソンのレースの日です。

毎年恒例の勝田全国マラソンを走って来ました!

昨年はTJAR(トランスジャパンアルプスレース)のエントリー資格の一要素である3時間20分切りの自己ベスト達成を目標にして、見事に3時間19分23秒で目標タイムをクリアしました。

今年はと言うと、ズバリ、サブ3.15が目標です!

いつもの通り、レースの準備を済ませた格好で(ゼッケンまで付けて)、自宅からウォーミングアップがてらスタート地点(Cブロック)までジョグで向かいます。

現場でも身体を冷やさないように気を付けつつ、スタートの時を待ちます。

今日は快晴で気温は心配してたほど低くはなく良かったのですが、風がちょっと気になります。

そして、10時30分にスタート!

スタート直後は身体も完全に暖まっておらず4分50秒台のペースで進みます。

最初は淡々と進みますが、3Km進んで4分53秒だったので、ちょっと想定ペースより遅すぎるため気持ちペースアップします。

その後、12Kmまでは4分36秒ペースとほぼ想定ペースで進みます。

ただ、後半の落ち込みを想定すると、目標タイムをクリアするためにはKm4分半くらいを目指して行きたい感じです。

気温はおそらく5℃くらいですが太陽の恵みで暖かいため、徐々にペースが上がってきます。

がんばり過ぎないように、でも抑え過ぎないように身体と相談しながらペースを上げると、コースのアップダウンの影響はあるものの4分25秒ペースへと浮上。

良い感じです!

ハーフまでは順調に進み、ここまでは予定を上回るペースながら、身体もまだまだ行けそう。

不思議と後半に入ってもペースは落ちずキープできていることに自信を深めて30Km、35Kmと4分25~30秒で進む。

この辺りになると、自分でもタイムがキープできていることにちょっとビックリ。

ここから10Km弱はもう頑張るしかない!という感じ。

それでも、まだまだ身体は動きそうな手応え。

目標ラップタイムとの比較はもう気にせず、どこまで4分半をキープできるかの勝負へ。

このまま崩れなければ、十分狙えるサブ3.15を意識しつつ終盤戦に挑みます。

昭和通りという最後の大通り(ここが微妙にアップダウンする厳しい区間…)でも何とか4分半前後を維持して、ゴールのある運動公園に向けて左に折れるとあと少し。

40~41Kmで4分41秒まで行ってしまったが、あと少しの思いで何とか立て直し、次の1Kmは4分35秒までリカバーすると残りは200m弱!

ここからは意識的にももを上げつつ、可能な限りペースアップできるように努めます。

最後に運動公園に入った時には3時間12分台の計時が目に飛び込んできます!

ラストを(気持ちの上では)ダッシュで駆け抜け、遂にやりました!

タイムは3時間11分24秒!

念願のサブ3.15達成です!

自己ベストを約8分短縮する成果に自分でも驚きました!

いやぁ、これで来年はサブ3狙いと書いても大丈夫ですかね?


今日のポイント!

自分の身体と相談しながらペースを作ることが自己ベスト達成には重要!


【今日の実績】
ラン:42.195Km  累積標高差:163m

明日も楽しく走りましょう!

レースカテゴリの最新記事