グランプリにも新型コロナウイルスの影響が

グランプリにも新型コロナウイルスの影響が

こんにちは!

F1のある暮らしデザイナーのしゅんじです。

全世界的に猛威を振るいつつある新型コロナウイルスですが、ご多分に漏れずF1シーンにも影響が出始めています。

すでに第4戦に予定されていた中国GPの延期が確定されており、第2戦のバーレーンGPでは無観客での開催が決定されている中ですが、いよいよ他にも影響が出始めているようです。

通常通りの開催が見込まれている今週末に開催予定の開幕戦オーストラリアGPでも、ちょっとした事態が発生しています。

少なくとも3名のチーム関係者が、インフルエンザのような症状を訴え、ウイルス検査を受けたようです。

対象者はハースの2名とマクラーレンの1名。

この3名は、検査結果が出るまでは自主的に隔離状態に置いているとのこと。

診断結果によっては、濃厚接触などで更なる影響が出かねませんね。

また、一方で第3戦に予定されている初開催のベトナムGPも開催延期を決定したとの一部報道があるようです。

感染拡大が収束方向に向かっているとは言い難い中、どこまで影響が広がるのか気になるところです。

ヨーロッパラウンドに入っても過密スケジュールの今シーズンなので、まだまだ予断を許しませんね。

一日も早く収束に向かうことを願っています。

今日も一緒にF1を楽しみましょう!

F1カテゴリの最新記事