ハイブリッド帰宅ラン実行完了!

ハイブリッド帰宅ラン実行完了!

こんにちは!

ランニング・モチベーターのしゅんじです。

9月から生活環境が変わり、走行機会が激減していたのですが、最近は帰宅ランを取り入れたので、何とか走行距離が伸びてきました。

距離約27Km、累積標高差200m以上のコースは変化に富んでいて楽しいコースなのですが、最大の問題は時間が掛かること。

初めて走った時は3時間以上掛かってしまいました。

最近はコースに慣れたのと、能力が上がってきたからなのか、2時間40分前後といったタイムで走れるようになりました。

とはいえ、2時間半強掛かるのは十分時間が掛かっています。

なので、これを毎日続けるためには、それなりに工夫や調整が必要です。

昨日も帰宅ランをする予定でしたが、仕事で遅くなり、とても2時間半掛けて帰れる時間ではなくなってしまいました。

そこで、以前から温めていた新しいアイデアを実行に移すことにしました。

そのアイデアとは、ハイブリッド帰宅ランです。

ハイブリッド帰宅ランとは、おそらく自分以外誰も使ってない言葉だと思いますが、帰りの全行程を走って帰るのではなく、最初は電車に乗り、途中から走って帰ることです。

これにより全行程走る場合に比べ、帰宅までの時間を大幅に短縮できます。

以前のクルマ通勤か通勤ランではあり得ない手法です。

何せ、クルマの場合、途中で乗り捨てたら、次また取りに行くのが大変ですから…

まぁ、クルマの場合、帰宅ランという手法自体が成立しないのですが。

それはさて置き、このハイブリッド帰宅ランで昨日は短いながらも10Kmちょっと走ることができました。

昨日は電車通勤で乗り換えが必要な駅で降りて、そこから走り始めましたが、この方式にはまだまだ工夫の余地がありそうです。

使える時間に応じて、降りる駅を変えることで、距離と掛かる時間を調整できます。

帰宅ランにちょっと間に合わなかった時はこの駅、かなり遅くなった時はこの駅、という感じです。

この辺りを上手く活用して、帰宅時に走り続けられるようにしたいと思っています。

いろいろ工夫の余地があって楽しいです。

ちなみに、走る気満々の格好で都心の電車に乗らないといけないのがたまにきずですが。


今日のポイント!

時間がなくても走って帰られる工夫をする!


【今日の実績】
なし

明日も楽しく走りましょう!

気づきカテゴリの最新記事