空腹が過ぎると当然ながら日常のパフォーマンスが落ちます

空腹が過ぎると当然ながら日常のパフォーマンスが落ちます

こんにちは!

ランニング・モチベーターのしゅんじです。

夕食のみの一日一食生活を続けていますが、日によって空腹感が結構違います。

特に、最近は自宅にいて夕食後のおやつを食べないようにしており、食べる量はより安定的になっていると思うのですが、日々の状況が不思議と違うのです。

今日は朝から結構空腹感がありました。

先週末もそんなこと言ってた気がしますが、今週は週末まで持たなかったのでしょうか?(と言っても、まだ水曜日…)

だいたいのバロメーターとして、朝一のランニング中の空腹感で、その日の空腹度合いが計れます。

空腹が厳しい時は、坂道ダッシュが登れないですから…

ということで、今日もダッシュで力が入らずに登り切れなかったため、空腹感の強さを感じていたのでした。

そして、仕事をしている中でも、空腹感からリカバリーできずに糖分補給のために最近常備している森永キャラメルを朝に一粒、午後に二粒食べてしまいました。

通常は午後に一粒で済むところです。

一粒300メートル走れるはず?ですので、二粒余計に食べて600メートル分の追加エネルギーです。

ただ、今日はホントに食べないと空腹過ぎて腹は鳴っているし、頭も働かないし、集中できないしで結構大変でした。

食べるのを我慢していた最中は、集中力が削がれて相当にパフォーマンスが落ちていたことと思います。

こういう時は、さっさと諦めて栄養補給した方が良さそうです。

それにしても、自分の身体はいまだに一日一食ではエネルギーが足りないのでしょうか?

そろそろ始めて半年近くになるので、慣れてきてもいい頃だと思っているのですが、なかなか思うようには行かないもんですね。


今日のポイント!

空腹過ぎる時は諦めてエネルギー補給をする!


【今日の実績】
ラン: 14.87Km 獲得標高101m

明日も楽しく走りましょう!

食事カテゴリの最新記事