むしろスケールが大き過ぎる夢の方が実現しやすい

むしろスケールが大き過ぎる夢の方が実現しやすい

こんにちは!

モチベータのしゅんじです。

今日も目標達成に向けた考え方について共有します。

目標を掲げる時に、どのように設定をするでしょうか?

今の自分の状況や、現状からある程度想定できる範囲内、ある意味自分のコンフォートゾーン内で設定してしまっていることはないでしょうか?

確かに、それはそれで地に足がついた目標設定としては問題ありません。

おそらく達成に向けて道筋も見えているでしょうから、きっと達成する可能性も高いでしょう。

しかし、それだけでは不十分だと、Googleの共同創業者であるラリー・ペイジは言います。

彼曰く、スケールが大き過ぎる夢の方が実現しやすい、とのことです。

何故でしょうか?

見える範囲の目標を設定する場合に比べて、巨大過ぎる夢は全体を捉えるのも困難なはるか彼方にそびえ立っているとも言えます。

しかし、その巨大な夢に向かって行くことは、楽ではないけれど、ワクワクすることであり、このワクワク感が巨大なモチベーションの原動力となり、立ち向かう力を与えてくれると言うのです。

ワクワク感は非常に大切な感覚なようです。

頭で考えて行動する場合と違い、ワクワク感は潜在意識により行動を誘発する力になります。

一説では、頭を使う顕在意識の力は5%、潜在意識は95%の力を発揮できると言いますので、ワクワク感による行動力の強大さは想像に固くないでしょう。

そんな無限とも言える力を活用して、今の自分からすると一見、身の丈に合わないとも見える巨大な目標を達成して行きましょう。


今日のポイント!

潜在意識のパワーを活用する!

【今日の実績】
ラン: 14.86Km 獲得標高:98m

明日も楽しく走りましょう!

目標達成カテゴリの最新記事