焦りはミスを呼び次のトラブルを呼び込む

焦りはミスを呼び次のトラブルを呼び込む

こんにちは!

ランニング・モチベーターのしゅんじです。

今日は私用で午後にお休みを頂きました。

仕事上、色々な資料の締め切りやら、調整事やら、打ち合わせやらに追われ、朝の立ち上がりから時間との戦いとなり、時計とにらめっこ状態、いやにらめっこしている時間もなく気が付けば時間が進んでいるという状態でした。

そうこうしているとあっという間に時間は進み、午前中の就業時間が終わってしまいましたが、すぐには帰れず片付けるべき仕事を完遂してから帰宅の道へ。

予定より30分以上遅れて帰宅すると次の予定である車検に向けて家を出ないといけない時間…

それでも、帰宅途中にコンビニに寄って買ってきた昼食を大慌てで食し、いざ茨城陸運支局へ。

かみさんの愛車86のユーザー車検に挑みます。

この時期は予約が立て込んでいて一日4つあるラウンド(検査時間を90分で区切った一コマ)の最終回しか予約できませんでした。

ユーザー車検についてはリクエストがあれば別の機会にしっかり書きます。

さて、その最終ラウンドに向けて検査場へのクルマの列に並びますが、台数が多いため比較的空いている列を選んで並びました。

検査場が近づいて初めて気付く。

そこはトラックと小型車用の両方の検査ができるラインでした。

気にせず突入すると、過去に経験したことのある検査の順番や設備と全く違う様相。

こちらは時間がなく焦っている事もあり、ついつい先へ先へと急いでいると気が付けば検査せずに進んでしまった項目があって、結局、車検を通せず、もう一度検査してもらうために列の最後尾へ…

焦りがなければ、初めての検査機でも、確認したりする時間を取れたと思いますが、何分周りに人もおらず聞く事もできなかったので独自の判断でドンドン行って痛い目を見ました。

最終的に本日の最終検査車となり、係りの人にも手伝ってもらって、なんとか無事車検証を更新できました。

焦っていると、普段より判断能力が著しく低下し、その行動がミスを呼び、そのミスの結果が次のトラブルの種を蒔いてしまうという超悪循環でした。

いつも1日の中に少しでもやる事を詰め込んで過ごそうとしてしまいますが、今日はやることが多すぎてホントにしんどかった。

車検が遅れたせいで、その後の病院の予約にも2時間半遅刻する始末でしたし。

やはりバッファを持って行動量を決める必要がありますね。

詰め込みはミスによる無駄な時間を作ってしまうリスクが高まりそうです。

バッファを持った方が最終的には時間内でのアウトプットが手戻りがなくなる事もあり、量の面でも質の面でも、最大化する可能性があると感じました。

詰め込みすぎは良くない。

精神的にもホントに疲れる。

気をつけよう。


今日のポイント!

焦りは禁物!


【今日の実績】
ラン:9.99Km  累積標高差:10m

明日も楽しく走りましょう!

気づきカテゴリの最新記事