何となくクルマ優先感があって不思議

何となくクルマ優先感があって不思議

こんにちは!

ランニング・モチベーターのしゅんじです。

昨日も帰宅ランをしていましたが、その時にふと違和感を覚える出来事がありました。

それは歩道を走っていた時です。

そこには大きなスーパーがあり、都会らしく地下駐車場を完備していました。

その駐車場の出入口付近を通りかかった時、大きなサイレン音?と共にパトランプが回転し始めました。

その後、地下からクルマが顔を出しました。

そう、さっきのサイレン音?からの一連のアラートは駐車場からクルマが出てくるよ、の合図だったのです。

そんな駐車場よくありますよね?

普通に考えれば、クルマが出てくるから、周りの歩行者に注意を促しているだけである事は分かります。

ただ、そのアラートはクルマの動きに注意して、必要があれば危険を回避せよ、と言っているようにも感じました。

歩行者優先の歩道を進んでいるにもかかわらず。(走行者ですが…)

一昔前なら、それでもしょうがないかなと思うのですが、これだけ技術が発達するとアプローチを変えても良いのでは?と思ったのです。

例えば、出入口の一定範囲内に歩行者がいるかどうかをセンサーで検知して、人がいる場合は駐車場の出入口にバーなどを設けて、そもそもクルマが歩道に出られないようにしてしまう。

そうすれば歩行者が気にしなくても安全に通行できます。

こっちの方が、歩行者優先の考え方からも正しい気がします。

どうでしょう?

まぁ、単純にこんな事をすると、歩行者がひっきりなしに通って、いつまでもクルマが出られないシーンは容易に想像できますが…

ただ、人通りの少ない夜間の時間帯だけでも導入するとか手はあるような気がします。

でも、駐車場の設備にカネを払うのはクルマを停めさせる人であり、そのクルマの利便性を損なうような投資はしないんでしょうね。

と、自分で語って自己否定して結局何が言いたいんだ?って話ですが。

いや、違和感があるって思っただけなんです…


今日のポイント!

不思議とクルマ優先のものってありますよね。


【今日の実績】
なし

明日も楽しく走りましょう!

気づきカテゴリの最新記事