達成は行動を促す

達成は行動を促す

こんにちは!

ランニング・モチベーターのしゅんじです。

すでにお伝えした通り、先日の勝田全国マラソンで念願のサブ3.15を達成する3時間11分24秒のタイムを残せました。

このところ、自分の目標としては2017年は本州縦断フットレースの完走(正確に言えば、2016年も目指していましたが…)、2018年はトレイルレースを主軸として取り組むという事でロードやマラソンはちょっと優先順位を下げていました。

しかし、人生の目標の一つにマラソンでサブ3達成というのがありますから、いつかは本格的に取り組まないと…というのも考えてはいました。

で、先に書いた通り、3時間11分までタイムが伸びてくると、次の目標はやっぱりサブ3かと思うようになりました。

特に、今まではラップタイムを見ても、現実的に狙える状況ではなかったサブ3が一瞬とはいえ狙えそうなタイムが出ている現状を見ると、そろそろ行く時期かという気に盛り上がってきました。

実際にどこまでタイムが縮まるかはさて置き、来シーズンに向けてはスピード練習を取り入れて狙いに行こうかと考えています。

そう考えている気分の盛り上がりですが、きっかけは今回の達成したタイムです。

元々は、あと更に1年先くらいからサブ3を狙おうかと思っていたのでした。

年齢的には早めに狙った方がいいのですが自分の優先順位としてはそんな感じでした。

それが今回の自分にとっても予想外の良いタイムに後押しされて行動しようという気になっています。

この事について考えてみると、行動のためのモチベーションは、その前の行動の達成度に依るところが大きいのではないかと思ったりします。

ある行動を行い、目標を達成したり、良い結果を残したりして、自身の行動の正当性が証明される事で、さらに次の行動に繋げて行こうというモチベーションに繋がるイメージです。

逆に、やっても、やっても上手く行かないと、嫌になってやめちゃいますよね。

よく言われる事かもしれませんが、目標を小さなステップで設定して、それを一歩一歩達成して行く事で次の行動を促して行くやり方、すなわちベイビーステップがやはり有効という話ですね。

自分の行動を先導者にして、自分を引っ張ってもらうという考え方もありという事です。

この盛り上がった気分を来シーズンまでキープできるステップを設定して、良い成果が報告できるようがんばってみます!


今日のポイント!

ベイビーステップで自らの行動結果をモチベーションに行動に繋げる!


【今日の実績】
ラン:14.91Km  累積標高差:15m

明日も楽しく走りましょう!

気づきカテゴリの最新記事