夏の通勤ランスタイルご紹介

夏の通勤ランスタイルご紹介

こんにちは!

ランニング・モチベーターのしゅんじです。

最近暑くなってきましたね。

毎日通勤ランをしていると気候の変化に敏感になりますが、それに応じて着るジャージも変化して行きます。

冬の寒さの中では裏起毛の厚手のジャージ、そして陽気な春には春秋用の通常のジャージ、そしてゴールデンウィーク前後には下のジャージは変わりませんが上が長袖のTシャツへ、そして暑くなってきた昨今では上は半袖Tシャツへと移り変わっています。

秋から冬に向かってはこの逆ですね。

ところで、暑くなってくると、着るものの他にも気にしないといけない事があります。

それは「汗」ですね。

走っている時は走行風があるのでましなんですが、会社に着いて無風状態に置かれると、一気に汗が噴き出します。

それは、もう、垂れそうなくらい。

そうすると着ているものは当然汗まみれになります。

冬場はジャージを作業着に着替えるだけで仕事に移れますが、夏場はそうは行きません。

会社に着いて、汗まみれの状態でまず目指すのはトイレの個室です。

そこで真っ裸になって、まずはタオルで全身の汗を拭います。

次いで、ボディタオルで身体を拭いて発汗を抑えます。

サッパリしたら、持ち込んだ替えの下着とTシャツへと着替えて、その上に作業衣を纏って着替え完了です。

この状態でエアコンの効いた部屋に入れば、それほど汗が出てくることもありません。

なお、汗まみれのTシャツと下着を入れるために、夏になるとスーパーの袋のようなものを持って行って、湿気がザック内に移らないようにしています。

このような一連の行動によって、(出来るだけ)汗臭い人にならないように努めています。

判断は周りの人に委ねるしかないですが…

とまぁ、夏になると何かと荷物が増えてしまう通勤ランの夏スタイルの紹介でした。

ホントはシャワールームが欲しいんですよね。


今日のポイント!

夏の通勤ランは汗対策が重要!


【今日の実績】
ラン:14.73Km  累積標高差:140m

明日も楽しく走りましょう!

トレーニングカテゴリの最新記事