アクセルを踏み込むために形から入るのもOK!

アクセルを踏み込むために形から入るのもOK!

こんにちは!

ランニング・モチベーターのしゅんじです。

最近、自分の周りで流行っているというか、読んでいる人が多いノート術の本を読んでみました。

気づきが多い本でした。

自分の理解した範囲ではノートの取り方のポイントは下記3点です。

1.会話や気付いた事など、事実をひたすらノートに書き綴る。

2.その事実を突き詰めて一般化(抽象化)すると、どういう考え方ができるかに昇華させる。

3.抽象化した事象から、自らが行動するとすれば何ができるかを考える。

ノート取りの現場では1のみ実施して、あとで思考の整理をしながら、2と3をまとめるという使い方をするようです。

この自らの具体的な行動にまで思考を巡らせるというのが最大のポイントだと思います。

ここが響きました!

自分も昔は結構メモ魔でした。

会社での仕事中はもちろん、プライベートでもひたすらノートをとり続けていました。

その時は本当にいつでもメモを取っていたので、F1をTV観戦していた時にでもレースの成り行きや、気づきについてノートに書き綴っていたくらいです。(笑)

しかし、ある時から、そこまでのメモ魔ではなくなっていました。

ところが、今回の読書で再びメモを取りたくなってきました。

特に、行動に移すためにメモを取るというのを実践してみたくなりました。

そこで、そこそこ携帯しやすいA5のノートを購入してノートを取り始めました。

年末から習慣化してみたのですが、さらに行動を加速しようと一つ工夫をしてみました。

このノート取りのための専用ボールペンを購入したのです。

以前使っていたポールペンも気に入っていたのですが、何年も使った結果、落としてついた傷や、使い込んだ事による表面の劣化などがあり、ちょっとくたびれた感じになっていました。

そこで、全く同じボールペンを新調したのです!

気に入ったボールペンを新調して、そのお気に入りのボールペンを使う=ノートを取るという構図にしました。

そうすると、少なくとも切り替えた今の瞬間ではノートに何かを書き込みたくなって、期待通り加速する事ができた気がします。

同様の事は他にもあると思います。

例えば、ランニングを習慣化するために、デザインの気に入ったシューズを購入して、それに足を通す事にワクワクを感じるようにして、走る事を促すといった事もあるでしょう。

ランニングウェアとかでも良いかも知れません。

何かを始める時に、形から入るのはあまり評価されない場合もあるかもしれません。

ところが、モチベーションを高めるために、お気に入りのギアを集めて、それを使う事でアクセルを最大限に踏み込めるなら、それも有りだと思います。

上手く使って加速して行けるなら、ぜひそうしましょう!


【今日の実績】
ラン:14.95Km  累積標高差:112m

明日も楽しく走りましょう!

気づきカテゴリの最新記事