寝坊は休むタイミングと割り切ってみる

寝坊は休むタイミングと割り切ってみる

こんにちは!

ランニング・モチベーターのしゅんじです。

最近、新型コロナウイルスの影響もあり、外を走るのにも気を使いますよね。

自分の場合、強制的な在宅勤務が始まって以来、田舎暮らしで人々の往来が少ないこともあって、毎朝5時半に起きて約15Km走ってから仕事を始めています。

そして、昨日から連休に突入したのですが、日中に外を走り回るのはちょっとはばかられるというか、気を使うというか、田舎とはいえさすがに控えた方がいいかと考え、在宅勤務中のスタイルを継続することにしました。

すなわち、5時半に起きての早朝ジョギングの継続です。

平日も休日も生活のリズムを変えないのが一番ですしね。

ということで、連休初日となった昨日は予定通り5時半に起きて走れたのですが、二日目の今日はいきなり寝坊をしてしまいました…

起きたのは6時半。

1時間の寝坊です。

ホントはそれでも走りに行こうかとも思ったのですが、田舎とはいえ1時間も遅刻すると人々が普通に動き始めている時間帯になるので、ここは控えておこうと考えて走るのは断念したのでした。

ただ、最近、ちょっと疲れも溜まっていて、足にも疲労感が出ていましたので、休むにはちょうどいいタイミングかなぁ、と思うことにしました。

まぁ、実際、一回休んどいた方が、スピードは回復しそうな気がします。

単に寝坊して走れなかっただけですが、起きていることは全て正しいと言うか、正しいことにしてしまうと言うか、結果的に走らなくて良かったということにしました。

最大の問題は、明日も起きれなかったら、それはもう単に怠惰な生活だということで、寝坊に対するプレッシャーは高まっているということですが…


今日のポイント!

言い訳ではなく機会ととらえる!

【今日の実績】
なし

明日も楽しく走りましょう!

気づきカテゴリの最新記事