マクラーレン、FIA監視下でのメルセデスへの換装

マクラーレン、FIA監視下でのメルセデスへの換装

こんにちは!

F1のある暮らしデザイナーのしゅんじです。

現マクラーレン・ルノーは、2021年からマクラーレン・メルセデスへと変更になります。

1995年からホンダパワーユニット(PU)にシフトする2015年までの実に20年間の長きに渡り使い続けていたエンジン、PUへの回帰とも言えます。

その1995年から2014年までの間に多くのチャンピオンシップを制した組み合わせです。

1998年にミカ・ハッキネンが初のドライバーズとコンストラクターズ・チャンピオンを獲得し、1999年にはハッキネンが2年連続のドライバーズタイトルを獲得し、2008年にはルイス・ハミルトンに初のドライバーズ・チャンピオンをもたらしました。

計算が正しければ(汗)、83勝を挙げた組み合わせとも言えます。

そんな黄金の組み合わせへは、本来はレギュレーション変更のタイミングで変更を狙っていましたが、新型コロナウイルスの影響でレギュレーション変更が延期になる中、PU変更は強行する形になっています。

従って、このPU変更がパフォーマンスアップにつながらないようにFIAの監視の下、マシンの改修作業が行われるようです。

ルノーPUからメルセデスPUの変更で能力的には向上することは必至であり、その戦闘力がどこまで来るのかは気になるところです。

今から2021年のマクラーレンが楽しみです。

今日も一緒にF1を楽しみましょう!

F1カテゴリの最新記事