ハンガーノック、油断が招く大ダメージ?

ハンガーノック、油断が招く大ダメージ?

こんにちは!

ランニング・モチベーターのしゅんじです。

ちょっとご無沙汰してしまいました。

この前の日曜日に久々のトレイルランニングをしてきました。

生憎の雨模様だったのですが、それでも強行して山で走ったのはトレランの練習会に参加させて頂いたからでした。

本降りとまでは行かない状況ではありましたが、久々のトレイルでこのコンディションはキツイなというマッディな感じです。

雨の中で山なんて、1人じゃまず行かないですね。

そんなトレイルでの練習メニューは2時間走でした。

1周20分程度の周回コースという事と、2時間しか走らないという事から、ザックも持たず走りました。

周回ごとに水やジェルの補給タイミングはあるものの、タイムを計測しているというプレッシャーもあり、ついつい無補給で2時間を走りきりました。

朝6時に自宅を出発して、2時間走を始めたのが12時半頃だったので、終わりは14時半くらいでした。

その間、朝食以降、走行前に補給したジェル1本で過ごす事となってしまいました。

当初は2時間だけなら大丈夫と思っていた身体のエネルギーですが、流石に14時半だと走らなくとも空腹になる時間ですね。

しかも、全力で走るとなればエネルギーの消耗は思いの外大きかったです。

最後の周回は空腹感に苛まれ、これが終われば補給ができる…と思い続けながら走りました。

ラストはハンガーノック気味になりペースダウンして、それまで20分イーブンくらいだったラップタイムが22分に落ちていました…

それでも何とか周回を終え、ようやくジェルにありつきました。

しかし、手元にあったのは1本のみ。

ここから昼食がある拠点まで約5Km(含むトレイル約2Km)を戻らないといけません。

ゆっくり走って戻りつつ、また徐々に空腹感が迫ってくるのを感じました。

ロードに出ると完全に空腹になり、ペースダウンしながらも走っていると、遂には体に力が入り辛くなり、目の前がクラクラしてきて、最後には歩いてしまいましたが、それも真っ直ぐ歩けない状況まで行ってしまいました。

完全なるハンガーノック状態です。

ここまで酷い状況になったのは久々です。

心配して下さった同行の方からジェル×2本を分けて頂いて、何とか拠点に戻る事ができました。

その日はランチを食べて何とか落ち着きましたが問題はそこでは終わりませんでした。

翌日になっても疲労感が残っており早くに帰宅するも、その翌日である昨日も疲労が半端なく結局寝込んでしまう始末。

今日になっても完全回復せずダメージを引きずる結果になっています。

おそらく先週の金曜日も調子が悪かったので、体調が良くない上に、ハンガーノックになるまで体を酷使したせいで疲れが取れなくなったのかと考えています。

思えば2時間走とナメてしまって補給を怠り今回の結果を招いてしまった気がします。

適切な準備と補給は基礎であり、大切であることを改めて思い知らされました。

ちなみに今週に入って全く走れていません…(涙)


今日のポイント!

何事も過信せずに基本を大切にすること!


【今日の実績】
なし

明日も楽しく走りましょう!

トレーニングカテゴリの最新記事