ガーミン充電ケーブル、やっぱり純正が一番!?

ガーミン充電ケーブル、やっぱり純正が一番!?

こんにちは!

ランニング・モチベーターのしゅんじです。

自分はGPSウォッチのガーミン ForeAthlete 935を愛用しています。

この時計、スントのAMBIT3 SPORTとどっちにしようか悩んだ結果、バッテリーの持ちが良いのでセレクトしたのでした。

その最大稼働時間は21時間!

ロードであれば、ほぼこれで稼働時間は問題ないと思いますが、自分が現在メインに置いているトレイルレース、特に100Km以上のロングトレイルとなれば24時間以上の走行が当たり前です。

特に、時計を買った時に目指していたUTMF(ウルトラトレイル・マウントフジ)の制限時間は46時間で、当時は目一杯の時間を使って走るつもりでしたので、21時間の稼働では全く足りません。

で、編み出した苦肉の策がモバイルバッテリと充電ケーブルをザックに入れて、エイド毎に充電し続けながら走ること。

実際、UTMFで初めて試した時は上手く行きました。

ただ、残念ながら、ザックのポケットに充電ケーブルを押し込んでいたために、折れ曲り、ダメージで断線気味になってしまいました。

そのため次のレースに向けて代替ケーブルが必要となり、アマゾンで探していたところ、目的の品を見つけたものの、さらに低価格の互換品を見つけました。

半分以下の金額だったので、価格に心動かされ、ついつい家での充電用とレース用の2本を購入してしまいました。

ただ、このケーブル、粗悪品という訳ではなく、家での充電ではちゃんと使えていました。

初めてレースで使ったのはFTR100でしたが、走行中(計測状態)に充電するとなぜか一度計測が止まってしまいました。

この時は何か変なボタンを押してしまったのかな?と思っていました。

そして、先日の彩の国100Kmでも、走行中に充電したところ、やはり計測が停止…

途中のエイドで何度か試しましたが、上手く行く(計測が継続)時もあれば、停止する時もあり、結局、まともに充電できませんでした。

純正品のケーブルを使わないと充電が不安定というアマゾンのレビューも見ましたので、ケーブルに原因があるのかもしれません。

という事で、次のレースに向けて、ちゃんと純正品のケーブルを買おうと思っています。

やっぱり多少高くても純正品が安心ですかね?


今日のポイント!

安物買いの銭失いにならないように気をつけよう!


【今日の実績】
ラン:10.22Km  累積標高差:9m

明日も楽しく走りましょう!

ギア紹介カテゴリの最新記事