疲れは肉体と精神で明確に分かれる

疲れは肉体と精神で明確に分かれる

こんにちは!

ランニング・モチベーターのしゅんじです。

最近、週末が近づくにつれて疲れが溜まってしまうという話を先日しました。

睡眠不足が続いて、それが疲労に繋がるという感じです。

先週も相変わらずの状況で週末に向けて徐々に疲れが溜まり、木曜日にはエナジードリンクのモンスターの力を借りないと仕事を全うできない状態でした。

そんな日も気分をリフレッシュするために帰宅するのが寮の夕食に間に合う時刻であれば帰宅ランは欠かしません。

という事で、疲労感は相当感じていましたが、26Kmの帰宅ランを敢行しました!

走り出しは、無理せず淡々と進みます。

やはり疲労感は否めず、あんまり調子が良くないのかなぁ、などと考えながら走っていました。

それが意外とタイム自体は悪くない。

距離が進むにつれて身体の状態も何となく上向いてきて、徐々に疲労感もあまり気にならなくなってきました。

そうすると走るペースも尻上がりにアップ。

最後は気持ち良く走り切る事ができました。

で、走り終えてタイムを確認すると、何と過去最速から4分差に迫る比較的速いタイムが出ていたのでした!

日中はモンスターを飲まないといけないほど疲れを感じていたのに、走ると調子が上がっていたという事実。

メンタルか?という疑問は抱きつつも、やはり精神的な疲れと、肉体的な疲れは違うんだなぁと思い知らされました。

これからも仕事で疲れを感じたとしても、ちゃんと帰宅ランを続けようと思います。

ただ、逆に肉体的にヘロヘロな時に仕事が思いの外捗るという事はないように思いますが…


今日のポイント!

やっぱり仕事の疲れは走って癒すのがいいみたい。


【今日の実績】
なし

明日も楽しく走りましょう!

気づきカテゴリの最新記事