通院は安心感を買うためでもある

通院は安心感を買うためでもある

こんにちは!

ランニング・モチベーターのしゅんじです。

今日は眼科に行ってきました。

自分は普段コンタクトレンズを使っています。

それにもかかわらず、先日受けた人間ドックの結果で、左目の視力が前回約1.5年前に受けた人間ドックの結果に比べて1.0から0.5へと急激に下がったのが理由の一つ。

もう一つの理由は、最近日常生活の中で、いつもではないのですが見辛くなる場面が多々あったため。

単純に矯正視力を上げればいいのか、他の要因があるのか、確認したかったからです。

結論としては、医師の診断として今のままで様子見でいいとの判断を頂きました。

まず、視力の低下は測定器の精度の問題である可能性が高いとのこと。

よく健康診断や人間ドックで使うスコープの中を見て、ジョイスティックのような棒を穴の開いている方に倒して計測する機器の場合、精度があまり高くないので、結果はあまり気にしなくていいと言われました。

事実、先週人間ドックで二回計測して共に0.5だった視力は、今日の計測で1.0まで見えていました。

もう一つのたまに見辛くなる原因ですが、残念ながらおそらくピント調整機能の問題であるようです。

確かに見辛くなるのは、仕事中に普通の執務室にいて、会議するために入った部屋でプロジェクターを使うために電灯の光を落とし気味の場合に発生しています。

年齢的なものがあるので、今のレベルの見辛さであれば様子見でいいとの判断を得たのでした。

まぁ、ちょっと残念な話ではありますが…

それでも今日まで、視力の低下や日常の見辛さが気になって、ちょっと心配していたのは確かです。

その理由が明確になり、安心感ももらえたので良かったと思います。

待ち時間含めて、ほぼ半日を費やしたのですが、そのための投資効果はあったと思います。

ただ、信頼できる医者で、もっと空いているところがあってもいいのかなぁと思ったりもしますが。


今日のポイント!

安心を買うという投資もある!


【今日の実績】
ラン: 5.76Km 獲得標高21m

明日も楽しく走りましょう!

気づきカテゴリの最新記事