立てた計画を諦めてしまいがちなあなたに

立てた計画を諦めてしまいがちなあなたに

こんにちは!

こんにちは!

時速350Kmの未来を達成するコーチ、福井俊治(しゅんじ)です。

一度の失敗で行動を諦める?

目標に向かって計画を立ててそれを実行しようとされる方も多いと思います。

多くの方が、計画を立てる際にフラットに淡々と進むと言うよりは、最初はちょっと緩めで始めて、後半加速して成果を上げていくという計画を立てるのではないでしょうか?

やはり、最初は日々の行動に慣れていないこともあり、あまり密度を上げるというのはお勧めできませんので、この方法は非常に良いやり方だと思います。

しかし、そんな計画を実行していく時に、わずか一つのタスクでも計画通り進まないと、嫌になって行動を諦めてしまうという方もいらっしゃるかもしれません。

たった一度の失敗で全てを諦めてしまうというのは非常にもったいないことです。

チャンピオンシップはまだ失っていない

この状態をF1で例えてみましょう。

チャンピオンシップを争っているドライバーを例に考えてみると先の事例は、以下のような状況と言えます。

シーズン当初は順調にチャンピオンシップをリードしていて、中盤でついにライバルに逆転を許してしまった。

せっかく1位だったのにここで2位になってしまった、すなわちもう今年は自分はチャンピオンを争えない。

そう思ってチャンピオン争いを諦めてしまうと言うのと同じ状況です。

残りのシーズンはまだ半分ありますし、わずかにトップから2位に順位を落としただけの状況でもあります。

普通に考えれば挽回のチャンスはいくらでもあるはずです。

再びチャレンジできる

先の計画実行の話も同じように考えてみましょう。

仮に一つのタスクが計画通り終わらなかったとしても、まだまだ打ち手は考えられるはずです。

最終ゴールにいつまでに到達する必要があるか、また終わらなかったタスクについてリカバリーする方法はないかなどを考えていくことができます。

多くの計画は全てが予定通りに進む事はありません。

結局は実行とその結果の確認を踏まえ、PDCAを回していき、その時の最適なアクションプランに従って行動を続けていくしかないと言えます。

このように考え一度の失敗であきらめるのではなく、何度でも立ち上がって目標に向かって突き進んで頂ければと思います。

もし一人で七転び八起きするのが厳しければ、そこの実現はコーチと一緒に復活方法を検討してみても良いと思います。

とにかく諦めずに何度でもチャレンジしましょう。

お知らせ

YouTube動画配信中です!ご覧頂ければ嬉しいです!

【しゅんじ 時速350Kmの未来を達成するコーチ】


体験コーチング募集中です!こちらからお申し込み下さい。


コーチングに関するお問い合わせは公式LINEアカウントからお願いします。

お気軽にどうぞ。

目標達成コーチングカテゴリの最新記事