一食の食事量を元の量に戻そう

一食の食事量を元の量に戻そう

こんにちは!

ランニング・モチベーターのしゅんじです。

一日一食生活を昨年の12月から続けて3ヶ月が経ちますが、未だ当初からの目標には到達できていません。

その目標とは食事の回数は減らしつつも、以前の一日三食摂っていた時の夕飯の食事量と現在の唯一の食事機会である夕飯の食事量を同一にするというものです。

もともと一日一食には現代の一日三食では食べ過ぎであるという前提が背景にあります。

食事機会を制限することは、すなわち食事量を制限することを目的にしている訳です。

しかし、その目的を標榜しつつも、空腹感に見舞われた状態で食事量を制限するのも大変なので、ソフトランディングを目指し、身体が慣れるまでは唯一の食事機会は食べたいように食べようと思って始めたのが現在の一日一食でした。

ただ、そう思って始めたものの、やはり食べ過ぎると罪悪感もあります。

また、場合によっては自制ができず、腹いっぱいにはち切れんばかりになるまで食べてしまう時もあります。

実は昨日もそうでした…

当初は身体が慣れるまでと思っていたものの、いつまでも自然と食事量を抑えるというのも難しいことがだんだん分かってきました。

そこで、ここは一念発起して、自ら自発的に食事量を元に戻そうキャンペーンを張ることにしました。

これまで、大盛りやおかわりをしてしまっていたご飯を元に戻そうと思います。

おかずの量も従来の量に戻そうと思いますが、野菜やキノコ類など食物繊維が多いものは多少増やしても良しとしましょうか。

さすがに3ヶ月試して日中の空腹感には慣れてきたので(腹へって食べたい時もありますが…)、次は食べる量のコントロールにシフトしてみます。

自分がどこまで実践できるか試されることになります。

まぁ、やってみて、続かなさそうなら、PDCAでその対策を検討することにします。

始める前から悩んでもしょうがないですしね。


今日のポイント!

まずはやってみてから状況をみて対策を考える!


【今日の実績】
なし

明日も楽しく走りましょう!

気づきカテゴリの最新記事