人の優しさに触れて、人に優しくすることを思い出す

人の優しさに触れて、人に優しくすることを思い出す

こんにちは!

ランニング・モチベーターのしゅんじです。

先日この場でもお伝えしましたが先週から発疹が発症し、週末から痛みを感じ始めました。

今週の月曜日になって痛みに耐えきれず病院を受診したところ帯状疱疹であることが判明したのです。

この帯状疱疹、症状の特徴としては赤みを帯びた発疹とそれに伴う神経的な痛みになります。

この痛みが厄介で、人によって強さは異なるようですが、痛いあまり眠れない程の人もあれば、発疹がないと症状に気付かないくらい痛みが出ない人もあるようです。

自分の場合はほぼ一日中痛みがお腹と背中に発生し、眠れない程ではないにせよ、酷い時は呼吸が止まるくらいの痛みに襲われたり、じんわりと痛み続けたりの波がある感じです。

そんな状況でも、我慢すれば仕事は続けられると考え、昨日も出社しました。

ところが、会社の周りの方が帯状疱疹という病気をよくご存知だったようで、安静にしておかないと酷い場合は命に関わると心配して頂き、よく休むよう促して頂いたのでした。

それを聞いて呑気に構えていた自分もちょっと心配になり、昨日は早退させて頂き、とりあえず今日から今週一杯は在宅勤務とさせて頂きました。

帯状疱疹の原因が、免疫低下で昔掛かった水疱瘡のウイルスが再活性化したという理由を聞けば、今の状況下で東京の通勤電車を使うのは得策ではないと理解できますしね。

ここに至り、その時までは痛みを我慢せずに仕事を休むなんて甘えている!と考えていましたが、そうでは無いということに気づきました。

そもそも早退したり、在宅勤務にさせて頂くのも気が引けましたが、周りから健康第一と言って頂いて、安心して自宅で仕事をさせて頂いたのでした。

そこで、ふと気づきました。

今までの自分であれば、逆の立場になった時、おそらく在宅勤務になることに異を唱えることは無いものの、甘いな、と思っていたのでは無いかと気付かされたのです。

でも、今の症状に直面すると、甘いと言い切れないと感じ、気遣いが大切であることにも気付かされました。

今までの自分は相手の立場になれていなかったし、本当の意味で気遣いができていなかったことを痛感したのです。

人はいろんな経験をしないと人に優しくすることはできないのかも知れませんね。

やはり経験は大切だと思いました。


今日のポイント!

人は優しくなければ生きる資格がない!?


【今日の実績】
なし

明日も楽しく走りましょう!

気づきカテゴリの最新記事