人生何が起こるか分からないから自分を信じて行動を続ける

おはようございます!

おはようございます!

音速で夢を実現するストラテジスト、福井俊治(しゅんじ)です。

人生の幸・不幸は分からないもの

人生、生きていれば色んなことが起こると思います。

直面した瞬間は受け入れがたいほど自分にとって厳しい出来事だったとしても、振り返ってみれば、あれがあったから今の自分の成功があるということもあり得ます。

一言で言うと、「人間万事塞翁が馬」ということなんですが。

そんな人生の幸・不幸は分からないものだという例をF1での事例からお伝えしたいと思います。

ペレスに学ぶ人生の幸・不幸の捉え方

セルジオ・ペレスというメキシコ人ドライバーがいます。

2011年と2012年は、ザウバーで小林可夢偉のチームメイトだったので日本人にも馴染みの深いドライバーではないでしょうか。

もちろん、2021年からレッドブルに移籍し、ホンダのチャンピオン獲得にも貢献しているので、最近のファンにも馴染みがあると思います。

さて、そんなペレスですが、実はチャンピオンチーム、レッドブルに移籍するまでに結構な苦労をしています。

2018年に当時所属していたフォースインディアが資金難でチーム存亡の危機に陥ります。

ペレス本人が法的措置を取り、チームを解散するのではなく、破産管財人の管理下に置くことで何とか首の皮一枚で生き残ります。

結果、カナダの大富豪ローレンス・ストロール(F1ドライバーであるランス・ストロールの父)がチームを買収して安定を手に入れました。

レーシング・ポイントとして生まれ変わったチームでは契約延長も獲得し、中団チームとしては好成績を残し、2020年のサクヒールGPでは自身初優勝も遂げ順調に見えていました。

しかし、この2020年9月に一つの転機が訪れます。

翌年も契約を有するチームからの放出が言い渡されたのです。

チームはフェラーリのシートを失ったセバスチャン・ベッテルとの契約を選び、そのためにオーナーの息子ストロールは当然切れないので、ペレス放出を選択したのでした。

これは野心家のローレンスが、チームのポジションアップを加速するためと、ブランディングの意味も込めてベッテルとの契約に踏み切ったのだと思います。

発表されたのが9月で、翌年の契約も有していたペレスは、主要チームのシートが埋まる中、完全にシートからあぶれた状態で、翌年F1に留まる道はほぼ閉ざされていました。

事実、本人も当初は2022年のシート獲得に向けて長期的な活動が必要との見解を示していました。

ここでまた状況が動きます。

当時、レッドブルをドライブしていたアレックス・アルボンのパフォーマンスにチームが不満を感じており、代替ドライバーを探していたところでした。

そんな折、ペレスがドライバー市場に突如現れ、レッドブルは彼と契約する道を選びました。

結果、中団チームにいたペレスは誰もが憧れるトップチームのシートを手に入れたのです。

これから何が起こるかホントに分からない

ペレスの状況を振り返ってみましょう。

フォースインディアの危機の際にはシート喪失のピンチとなり、チームの買収が成立したことで契約延長を手に入れました。

しかし、契約を持っていながら突如シートを失い、F1残留の危機を迎えました。

ところが、契約から解放されたことで、一転トップチームとの契約を勝ち取りました。

まさに、「人間万事塞翁が馬」ですよね。

現在では、レッドブルと2024年までの契約を取り交わし、レッドブルで2勝を挙げ、F1でのポジションを完全に確立できています。

ホント、何が起こるか分からないですよね。

自分たちにできることは信じて進むのみです。

お知らせ

YouTube動画配信中です!ご覧頂ければ嬉しいです!

【しゅんじ 音速で夢を実現するストラテジスト】


体験コーチング募集中です!こちらをご確認願います。

サービスメニュー

あなたの個別の状況に応じてコーチングを提供します。 音速で夢を実現するプログラム コーチングセッション お客様の声(一部) セッションで色々整理していただいた結果…


音速で夢を実現するセミナーを行います。こちらからお申し込みをお願いします!

音速で夢を実現するセミナー

「起業の準備をしたいけど、日常業務が忙しく、いつも夜中にしか活動ができない…」 「毎日何とか時間を捻出して行動しているけど、思ったほど成果が出ていない…」 「早起…


Amazon Kindleにて電子書籍を出版しました。Unlimitedを契約している方は無料で読めます。

一歩踏み出せなかったあなたが夢を実現する27のアイデア https://www.amazon.co.jp/dp/B0B9KSXSRD/ref=cm_sw_r_cp_api_gl_DRMJWQ13D6P3MVB7G88Z

コメントを残す