走行機会の減少を別の機会に転用する

走行機会の減少を別の機会に転用する

こんにちは!

ランニング・モチベーターのしゅんじです。

最近、毎週日曜日はスカッシュデーとなっています。

ジムに入会して会費を払っている割にはほぼ通っていなかったので、良い機会になっていると思います。

ただ、当然のことながら、スカッシュに時間を費やしているで、走る機会が減ってしまうのは否めないんですよね。

この結論だけ見ると、ランニング能力向上にほぼ影響を与えないであろうスカッシュに時間を費やすのはもったいないという事になるんでしょうが、これに対して別の捉え方もできると考えています。

一つはランニングでは培えない運動量を増やす機会です。

スカッシュではボールの行方に応じて、または予測して、比較的クイックな動作が必要とされます。

あるいは、コートの中は広くないとは言え、前後左右に必死にボールを追いかけると結構な運動量になります。

どんな球でも、とりあえず、そこに向かって走る。

そうやって瞬発力のトレーニング機会にもしています。

もう一つは、トレッドミル利用の機会にする事です。

山に行けない時に代替手段として15%傾斜を付けてトレッドミルで走るのですが、ジムになかなか行く機会がないため、それもやっていませんでした。

ホントは平日にトレッドミル走をすればいいのですが、そんな時間もなかなか取れないので。

そこで、どの道スカッシュデーは山に行けないので、セットでトレッドミル走をする日と位置付けてセットメニュー化する事にしました。

これにより確実に坂道走を想定したトレーニングができるようになりました。

まぁ、1時間限定にはなるのですが。

実はもう一つメリットを見出しているのですが、それはここでは披露しない事にします。

思わせ振りですみません…

このように走行機会の減少になるスカッシュへの時間投資ですが、一石三鳥となるメリットを見出して楽しく取り組んでいます。

これは、心掛け次第で一見ネガティブな状況にでも、機会を広げる事ができるという好例になると自負しています。

ぜひ、参考になれば。


今日のポイント!

チャンスを作り出すのは心掛け次第!


【今日の実績】
ラン+トレッドミル:10.02Km  累積標高差:917m

明日も楽しく走りましょう!

気づきカテゴリの最新記事